クロロフィルa濃度情報

植物プランクトンを餌とするアコヤガイにとってはその量的変動が重要です。 植物プランクトンの総量を表す目安として、 光合成色素の一種であるクロロフィルaが用いられます。 ただし、このクロロフィルa色素はアコヤガイの良好な餌とされる珪藻類以外にも、 有害な鞭毛藻類など植物プランクトン全てに含まれる色素でもあり、 赤潮が形成された場合などに異常に高い値となることがあります。 平成29年6月の調査結果  近年の傾向