赤潮・貝毒情報(5月29日更新) 愛南町福浦で採取した二枚貝から規制値を超える貝毒が検出されました。

○5/25、八幡浜市~ 宇和島市の間では、珪藻類が優占し、有害赤潮プランクトンは確認されませんでした。→赤潮監視170525

○5/22、豊後水道中北部では、カレニア・ミキモトイは確認されませんでした。→広域赤潮170522

○4/12~5/22まで5回続けて、三瓶湾及び宇和島湾の6定点すべてでカレニアの遺伝子は検出されませんでした。○5/22、宇和島湾から愛南町にかけて、珪藻類が優占しています。。→赤潮012貝毒170519

○5/19、愛南町福浦において、コクロディニウム・ポリクリコイデスが確認されました。→貝毒170519

 

 

 

○5/29、愛南町福浦では、貝毒原因プランクトンがアサリが毒化すると思われる密度を大きく超えた状態が継続しています。→貝毒170529

 ○5/25、愛南町福浦で採取した二枚貝から規制値を超える貝毒が検出されました。→170525福浦

○5/23、吉田~ 三浦の間では、貝毒原因プランクトンは確認されませんでした。→貝毒170523

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因プランクトンのモニタリング結果及び貝肉の分析結果は、

赤潮情報

貝毒情報

をご覧ください。

近隣海域を含めた情報は、沿岸海域水質・赤潮観測情報にも掲載しています。