環境・天然魚に関すること

① 漁海況予報事業
本県沿岸域の漁況(漁模様)・海況(水温などの海の状況)の調査をおこなうとともに、得られた情報を漁業者に迅速な情報を広報し、漁業経営の合理化に資する事業です。

よしゅう NOAA

写真:調査船による調査(左)と豊後水道域の水温分布図(右)

② 漁場環境モニタリング調査指導事業
沿岸域の水質、底質およびプランクトン等の漁場環境をモニタリングすることによって、赤潮や酸欠等による漁業被害および貝毒の防止や軽減を図る。また瀬戸内海に広域に発生する有害赤潮の漁業被害を防止する事を目的に、国、大学、西部瀬戸内海沿岸の県が共同で赤潮分布調査や魚類へい死防止対策を実施する事業です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA カレニア

写真:赤潮(左)と有害赤潮カレニアミキモトイ(右)

 

③ 資源管理推進事業
県域をまたがって回遊するサワラについて、資源量(海にいるサワラの量)の把握のための調査を行う事業です。

サワラ

④ 資源増大栽培漁業推進事業
愛媛県およびえひめ海づくり基金では、マダイ・ヒラメ・トラフグを放流し、資源量の増大を図っています。本事業は、これら魚種の資源動向や、その放流効果を科学的に検証し、効率的な種苗放流の実現を行うことを目的にしています。

????????
写真:魚市場においてのマダイの測定風景

 

⑤ 漁業資源調査
日本沿岸域を含む広域な海域に分布するカツオ・アジ・サバ・イワシ等の魚についての基礎資料(水揚量、体長等の資料や生理生態に関する情報)を整備・活用し、対象とする魚の資源状態を把握する事業です。推定された資源状態に基づいて、水産資源と漁業のバランスを保つための方策が検討されます。
市場水揚 稚魚

写真:魚の水揚げ風景(左)と孵化仔魚(右)