実用化に向けた活動

①水産業改良普及事業

普及指導員を対象に、新技術や知識の習得を目的とした研修会を開催しています。研修によって得られたノウハウを現場にフィードバックすることで、漁業の生産性向上や漁家経営の改善をサポートしています。

研修 普及

研修会の様子(左)現場での普及活動(右)

 

②漁業担い手対策推進事業

資質の高い後継者の育成を目的として、「柑橘等を活用した養殖魚のブランド化」、「低魚粉飼料を使用した養殖魚の生産」、「ヒジキ養殖の技術向上」に取り組みの支援を行うことで、漁業就業の促進を図っています。

販促 体測

ブランド魚販促への取り組み(左)低魚粉マダイの魚体測定(右)

 

③地域水産物6次化事業

漁業所得向上のため、漁業者が実践する加工品の製造・販売、水産物の直接販売等の6次産業化の取り組みを支援しています。

販促2 ぷるるん丼

県外のイベントでの販促(左)商品化したマハタぷるるん丼(右)